top of page

宮古島ご奉納チャクラツアー ☆矢加部幸彦と地球新年冬至を祝う☆vol.16 ご報告レポート

宮古島ご奉納チャクラツアー ☆地球新年冬至を祝う☆vol.16 ご報告レポートです。

今年は特に、天体の大きな形成が観測される節目にあり、 冬至前には新月の皆既日食、冬至の翌日には、20年に一度しか接近しないという 土星と木星が大接近するグレートコンジャンクション、 さらに200年のサイクルで地の星座から風の星座に移行するミューテーションの重なるタイミング!

大きな変化の狭間での冬至ツアーの参加者は17名と過去最多となり、 始まって以来、初の小雨の中でのご奉納となりました!


矢加部先生が先導して島尻元島の拝所にご挨拶



早めに着いて、私がチケット購入する間に、矢加部先生とともに元島参拝していただいたのですが。。。

コロナ対策で、全員検温しないと購入できない、ということで、結局、みなさん戻ってくるのを待つことになりました。

それでも余裕で全員乗船!例年通り、大神島に渡れました。

まずは遠見台横の大神御嶽にご挨拶。 宮古島の神界に繋がる第8チャクラに位置している大神島で、神界ゲートに通じる瞑想。

終わると、空に丸く輪になった雲が! ゲートが開いたことを告げていました。


御年94歳! とは思えないお元気さ!


ここ数年、司長さんはご参列くださるのですが、人見知りですぐ隠れてしまうご主人はいつも不在。ご夫婦揃ってのご参列は初めてのことでした!

大神ご奉納の次は、いのちと方位を司る最高神、ウハルズ神社参拝。 遠見台でそれぞれ心のままに感謝をこめてご奉納しました。

そして、営業時間ギリギリセーフで池間島のお土産屋さんに滑り込み、今が旬のサトウキビ生絞りジュースを堪能できました!

矢加部先生、8年も宮古島ご案内しながら、初めて味わう一杯。 そういえばツアー中は、あまりお土産屋さんには立ち寄ることがなかったですね~

実は本当のメイン、お待ちかねの直会でカンパーイ♪


翌冬至は、小雨模様の中、恒例の太陽神生誕伝説の御嶽に向かいます。

ツアーの前に司長さんから連絡があり、今年は司長さんのご主人(御嶽を開かれた神女のひ孫にあたる方)がご帰天されたため、向こう2年間は御嶽に入れませんが、みなさんは無関係なので、いつも通りご参拝はされてください、とのことでした。 神仕えの方の規則習わしはいろいろと難しく大変なお仕事と察し入ります。

浜の方に降りてみましたが、風が強く、外では難しいようだったので、全員で祝詞を捧げ、拝殿に戻りました。

司長さんに連絡し、拝殿横の司さんたちが集まる場所で行うことを許可されましたので、屋内でご奉納となりました。


ご神事の準備をするための建物内でのご奉納は、音響効果も抜群で、いつも以上に深く濃い祈りの空間となりました。

恒例のご奉納のあとは、いのちの龍泉「成川龍泉」へ。 気の遠くなるような時間を経て育った大きな鍾乳石の洞窟には、 地面にぶつかり湾曲して、まるで龍の足のようになった鍾乳石がありました。 水道が通る前、人々の命を繋いだ透き通る湧き水はいまだ健在で、豊かにこんこんと湧き続けています。


活性化した龍神水を、今度は龍宮観音洞へ繋げます。



ここは龍宮城・・・のようなエネルギーに満ちた洞窟。

入口は低く、頭を下げながら入らなくてはなりません。 まるで、どんな人も等しく頭を下げて謙虚さを学ぶ茶室のように、狭い洞内で譲り合いながら座りました。

一ツ神水合わせた命泉を一人づつのお心添えた雫として、銀杯に注ぎ、観音様にご奉納しました。

ランチの後は、国内初の観光ロケット発着空港候補に挙がっているという、去年開港したばかりのみやこ下地島空港を休憩がてらの見学。

ミス宮古島の美人がいたので、ロケットのことを聞いてみたが、それらしいアピールはまだ何もないらしい・・・デシタ


みなさん、それぞれに新空港でホッと一息タイムを堪能でした!

宇宙に通じる(予定)の空港のあとは、第六チャクラポイントの智慧の光のある洞穴で、松果体を活性化し龍眼開花のセレモニー。

龍頭龍尾を結び銀杯に注いだお水を金のてい針で、お一人づつ眉間に点けさせていただきました。

<