「真の癒し」を思い出すとき

こんにちは、サンサールです。 今年も早3か月が過ぎ、久しぶりの発信となってしまいました。

年末から今まで、新居完成のラストスパートでかかりきり。 半年以上前に申請してあるべき水道工事が一向に始まらず、 水道局に問い合わせたら申請すら出されていなかったり、 玄関タイル、雨どいの仕上げ、網戸や雨戸などなど・・・手配が全く通っておらず。

土木事務所、下請け業者、司法書士さんや各担当に直接連絡し、 なんとかなんとか、完成し引っ越すことができました!

最後は下請け業者と直接やり取りすることになったのですが、 聞けば、これまでの工事費がまだ支払われていないという(!) 下請けさんは「こんなことは初めて!」と大激怒していました。

最終決済は下請けさんも立ち会って、その場で清算という、 なんともとんでもない元受け業者。

どうやら、お父さんである社長が途中で亡くなり、 引き継いだ息子がほとんど仕事がわかっていなかったようなのです。

こんなドタバタの末でしたが、トンズラされることもなく最悪の事態は免れ、 違約金も入ったので建築費もお安くなりました!

何の手立ても講じず、ただただ待っているだけでは未だに内装も終わってなかったでしょう・・・(-_-;)

去年、雷鳴神の学びの中にあることを意識しなければ、 「宮古島だし~建設ラッシュだし~」とずるずるダラダラ過ぎていたかもしれません。

とにかく動いて動いてできることはすべて実行してしたからこそ、 必要な情報や救済の手が入ったのです。 (雷神=行動、実行、リーダーシップ)

2月11日の建国記念日に引っ越し、令和2年2月22日に新築のお祝いもできました♪

その後、コロナが猛威を振るい始め、まさかの小中高コロナ休みに突入。 2週間明けても収束せず、何日か登校してすぐ春休み。

毎日毎日息子と濃厚接触の日々。

「あ~~~学校行きたーい!」叫ぶ息子。筋トレの日々。 朝昼晩朝昼晩朝昼晩・・・・・・・・・食事の準備。 食べては部屋にこもる息子にキレる母。

「自分のメシぐらい自分でつくったらどーよ!!!!」

キレ母に逆ギレ男子。 浴室ドアにパンチ。 ボコッ!

あぁ~~~!新築なのに! ギャヒー! 阿鼻叫喚!

息子「・・・こんなに(ドアが)弱いと思わんかった・・・」 狂ったようにドアをたたく母。 こぶしが痛いだけで何ともないドア。

母「・・・お前、すごい破壊力だな。手痛くなかったの?血も出てないね。まぁ、ケガ無くてよかった。」

ピカピカの新築に記念の刻印。 同じ柄の壁紙で修正。 日頃の筋トレの成果を思いがけず実感し、 反省とともにコントロールを学んだ息子であった。

こんな事件もいきなり勃発したけど、 格段に快適な空間となったため、ストレスは引きずらず。

新居に移って嬉しい変化の連続。

家事労働が楽になった。 広いダイニングで団らんも実現。息子と会話が増えた。(アパートでは狭くて食事は別々だった!) 息子が洗い物を言われなくてもするようになった。 息子の屁理屈が減った。 素直にハイということが増えた。 外食が減った。 イライラが減った。 気持ちに余裕ができた。

コロナ自粛の前に新居に移れて本当に良かった💛

私の今年の巡華神は湖天神 癒しと楽しみを学ぶ年。 自分の魂を癒し楽しむとともに、周りも癒していく。

今、世界は真の癒し、安らぎが不可欠なものとなっています。 不安に満ちれば満ちるほど、本当の自分に立ち返り、 魂の声を聴き、温かく見つめることを試みましょう。

自分と他者の魂を尊び安らぎの中にいることを確信すること。 それが真の癒し。

「自分は常に癒され安心している」

胸の奥の温かいもので、自分と相手を包んでしまいましょう。

コロナの流行は、肉体的接触を制限させます。 肉体=物質 物質の限界を示唆しているかのよう。

肉体的欲求や物質的満足を 私たちは追求しすぎてはいないでしょうか。

リアルに触れ合う臨場感、波動は最も理想的な満足感につながりますが、 それは自分が満足するために他者に求める気持ちも強めます。

求める気持ちばかりが強まれば、どこまでいっても満たされず、 欲望に支配されて枯渇感だけが残ります。

物質が豊かになり、希薄になった精神性の充足へとシフトしている今、 いよいよ自分と他者の精神性に繋がって、 ともに満たされている魂を見つめることが 心身の調和のために必要なのではないでしょうか。

マスク、手洗い、うがいは、より自分や他者に注意を払い、 守り守られ尊重しあうためのアイテムのように思います。

程よく距離を置くということは、 相手のテリトリーを侵さず、良い関係をキープする処世術とも思えます。

必要なものはすでにある。 大切なことは心のうちに。

ハートを丸く豊かに膨らませて、 自分を、相手を、日本を、世界を、愛おしく想えばそれでいい。

必要以上に近づかなくてもいいんだよ。

想っただけで通じ合える。 想っただけで癒される。

コロナの流行は、いたずらに恐れるだけではなく、 距離感をもって尊重し癒しあえる、 「本来の愛」を思い出すためのキッカケとして受け取りたいと思うのです。

トンデモ業者に引っ掛かったのもキセキ。 コロナ自粛前の引っ越しもキセキ。 コロナ流行もキセキ。

今日もキセキの中に活かされることに感謝して祈ります。 世界が調和の愛に満たされますように!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ メルマガ読者のみなさんだけに今年巡る巡華神の運勢をお届けします! 読者以外の方はメルマガ登録で提携命が割り出せます。

今すぐメルマガ登録&提携命を割り出して 2020年のカリキュラムを確認しましょう!

【無料メルマガ登録はこちら】

*登録は、パソコンメールアドレスでお願いいたします。